• ホーム
  • 使っている人が多いクラビットと飲酒

使っている人が多いクラビットと飲酒

世の中には、細菌やウイルス、真菌に効果がある様々な薬があります。
細菌による感染症に有効な薬が、クラビットです。

クラビットの成分は、レボフロキサシン水和物で、グラム陽性菌やクラミジア、マイコプラズマなどに有効です。
レボフロキサシン水和物は、DNAの複製に関係する酵素を阻害します。
クラビットは、尿路感染症や皮膚感染症など、様々な感染症に使われています。
クラビットは、ニューキノロン系の抗菌薬で、クラビットが販売される以前の抗菌薬と比べると、抗菌力が強くなっています。
副作用が少ないので、ペニシリン系の抗生物質が使えない人でも使用可能となっています。

クラビットは、人気がある治療薬なので、使っている人が多いです。
しかし、妊娠している人は使うことができません。
てんかんや重い心臓病がある人は、医師に相談してから使った方がいいです。
マグネシウムやアルミニウムを含む胃腸薬を同時に服用すると、効き目が落ちる可能性があるので、注意が必要です。

レボフロキサシン水和物は、マグネシウムやアルミニウム、鉄剤と併用すると、金属イオンと結合して吸収力を低下させてしまうのです。
クラビットは、副作用が少ないものの、皮膚に異常が出たり下痢が続くときは、早めに医師の診察を受けた方がいいです。
太陽の光を浴びた時に、皮膚が赤くなったり、水ぶくれができるケースもあるので、皮膚の弱い人は直射日光を避けた方が安全です。
飲酒の習慣がある人は、なるべく控えた方がいいです。