• ホーム
  • クラビットやフロモックス使用時のアレルギーの申告

クラビットやフロモックス使用時のアレルギーの申告

人間の身のまわりにはさまざまな細菌があふれています。
中には普段の生活では人間と共生しており、なんら病気の原因にはならないものの、体調不良のときをみはからって人体での増殖をはじめ、病気を引き起こしてしまうものもいます。
もちろんはじめから感染しただけで病気の原因になってしまうようなものまであります。
こうした細菌による感染症をわずらった場合には、病院で検査を受けて、適当な医薬品を投与してもらうということがたいせつとなってきます。

医薬品についても、細菌と真菌、ウイルスといった、病気の原因となっている微生物の種類の違いによって、銘柄を変更しなければなりません。
ウイルスが原因の病気に細菌に効く医薬品を投与したところで、まったく効果がみられないということが多いものです。
細菌が原因の病気に対しては、フロモックスやクラビットのような銘柄の医薬品が処方されることが多く、ともにかなり幅広い種類の細菌に対して効果をもつものです。
フロモックスは抗生物質とよばれるもののなかまであり、細菌が増殖するにあたり、細菌がもっている細胞壁の合成を阻害するという作用があるため、結果として体内にいる細菌の殺菌に役立つというものです。

いっぽうのクラビットは、合成抗菌剤とよばれているもので、細菌のたんぱく質の合成を阻害するため、こちらもおなじように細菌を殺菌するという作用をもっています。
ともに効き目が強い医薬品ですので、もし使用する場合で、アレルギーをもっている人は、そのことを医師に申告しておいたほうがよいといえます。
基本的にフロモックスもクラビットも副作用は少ないとはいわれていますが、アレルギーの申告があれば、医師としてもさらに慎重に医薬品の投与を検討することができます。